平均は低くても高みを目指せる大阪の事情

IT系エンジニアとして働きやすいのは企業が集まる大都市であり、大阪は代表都市と言えるでしょう。都会で働くエンジニアとしては大阪では平均年収が低めであり、特に東京首都圏と比較してしまうと劣ってしまうことは否めません。産業の中心地であるにもかかわらずこのような状況があるのは物価と伝統の影響が大きく、給料よりも福利厚生を重視する傾向が強い企業が多いことが影響しています。

しかし、IT産業においては外資系企業の進出も著しくなっており、内資系企業との競争が繰り広げられているのも現状です。その舞台となる大阪では、競争力を高めるために外資系企業の良い点をうまく取り入れて待遇をより良くしていく傾向があります。その結果として、平均年収こそ低いものの、実力を上げて成果を遂げることによって飛躍的に年収を向上させることができる企業が多いのが特徴です。成果を重視する社風を取り入れることにより、成果に応じた昇給が行われるようになっていたり、特に成果が著しい場合には抜擢を受けて管理職になれたりするシステムができてきています。

そのため、大きな成果をあげられずにいるエンジニアの場合にはやや低めの年収になりがちであるものの、成果を繰り返しあげていくことによってよく目標に掲げられる年収1000万円を越える人も多くなっているのが現状です。こういった年収の開きがあるのが特徴となっているのが外資系との競争が進む地域としての特徴となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.